三池焼では出張陶芸教室もあります

2011年11月07日

■出張陶芸教室のご案内■


三池焼では5人以上人が集まられた場合

出張して陶芸教室を開催いたしております。

タタラ成形とひも作りの両方の作り方で、

初心者の方も比較的容易に皿、鉢、カップ、

花器などを作ることができます。





タタラ成形とは粘土の板を作り、これで皿や鉢、

カップ類(フリーカップ、コーヒーカップ、マグカップ等)を作成する方法で、

形がやや限定されます。



手びねり作品♪


また、ひも作りとは粘土のひもを積み重ねて作る方法です。

湯飲みや皿鉢花瓶など工夫次第で形のバリエーションが広く、

昔の埴輪や土器などはこの方法で作られたといわれています。


片方のやり方でも、両方のやり方でもできますが、

両方のやり方を紹介する場合、説明に時間がかかることをご了承ください。


作成時間について

およそ、2時間から3時間を予定していただくとよろしいかと思います。

その内作り方の説明時間は15分から30分程度です。

後片付けに15分ほど必要です。


人数について

5人以上100人以下であれば出向いてまいります。

人数により料金ややり方が弱冠違ってまいりますのでご相談ください。


料金について

5人から10人までの場合

材料代は、粘土1g2円で計算します。

粘土の量は一人当たりどのくらいでも結構です。

たとえば500gでコーヒーカップと受け皿程度の物ができますが、

その場合の料金は1000円になります。(粘土代焼き代込み)

他に講習料1時間当たり4000円と

交通費往復1kmあたり40円必要になります。

たとえば2時間の講習で、往復60kmの場所で行った場合、

4000円×2時間+40円×60km=10400円が材料代の他に必要となります。


11人から20人までの場合(人数が増えた場合、材料費を割引いたします)

材料代は、粘土1g1.7円で計算します。

これも、粘土の量は一人当たりどのくらいでも結構です。

たとえば500gでコーヒーカップと受け皿程度の物ができますが、

その場合の料金は850円になります。(粘土代焼き代込み)

他に講習料1時間当たり4000円と交通費往復1㎞当たり40円必要になります。

たとえば2時間の講習で、往復60㎞の場所で行った場合、

4000円×2時間+40円×60km=10400円が材料代の他に必要となります。


21人から30人までの場合(さらに人数が増えた場合、材料費を割引いたします)

材料代は、粘土1g1.5円で計算します。

これも、粘土の量は一人当たりどのくらいでも結構です。

たとえば500gでコーヒーカップと受け皿程度の物ができますが、

その場合の料金は750円になります。(粘土代焼き代込み)

他に講習料1時間当たり4000円と交通費往復1㎞当たり40円必要になります。

たとえば2時間の講習で、往復60㎞の場所で行った場合、

4000円×2時間+40円×60km=10400円が材料代の他に必要となります。


31人から100人までの場合(さらに人数が増えた場合、材料費を割引いたします)

材料代は、粘土1g1.4円で計算します。

これも、粘土の量は一人当たりどのくらいでも結構です。

たとえば500gでコーヒーカップと受け皿程度の物ができますが、

その場合の料金は700円になります。(粘土代焼き代込み)


大人数の場合、多くの釉薬から選べないことをご了承ください。

3種類から選んでいただきます。

他に講習料1時間当たり4000円と交通費往復1㎞当たり40円必要になります。

たとえば2時間の講習で、往復60㎞の場所で行った場合、

4000円×2時間+40円×60km=10400円が材料代の他に必要となります。


釉薬(ゆうやく)について

30人以下の場合、見本を持ってまいりますので、

三池焼オリジナルの釉薬およそ10種類の内からお選びください。

31人以上の場合は3種類からお選びください。

ただし、釉薬の中には出にくい色がございます。

その場合見本とは違う色になることがございます。ご了承ください。

また、ブクといって気泡が出た跡が残りやすい釉薬や、

流れやすい釉薬などもございます。

この点も陶芸の世界ではありがちな事としてご了承ください。


作成の受け渡しについて

完成後(1ヶ月から2ヶ月後)当方よりご連絡いたします。

取りに来ていただいても、こちらより送ってもかまいません。

送る場合は、送料がかかります。


焼成後のキズについて

作品を落として壊すなど当方に明らかに落ち度がある場合、

料金は返還いたします。しかし、少しひびが入ったり、

色が見本と違うようにでたり、釉薬が少し剥げ落ちたりした作品は、

完成した物としてお渡しすることをご了承ください。


講師について

講師は中村秀昭と知子2人おりますが、それぞれ得手不得手がございます。

ご相談の上どちらかが参ります。














※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。